仮免魂 with Re@LTiMe

アクセスカウンタ

zoom RSS 沖大演技サークル【梅雨入りその1】

<<   作成日時 : 2006/05/11 02:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

始めに、ここに登場する人物・団体名等は架空のものです。
実際にあるものとは、全く関係ありませんので、予めご了承ください。

尚、著作権は全て当Blog管理者の「TeLiVA」にあるものとします。
無断転載等は、一切禁止致します。




 雨だ。一昨日から雨が降り続いている。
 天の神様が居るのならば、この雨を何とかして欲しい。
 部屋干しは勘弁なのだよ、天の神様〜。
 部屋干し専用の洗剤を買えば済む事なんだろうけど、生憎そんな金は今はない。
 飲みすぎだ。
 新入生歓迎会という名の飲み会が、連日行われている。
 そのおかげで親からの仕送り5万と、もらったばかりのバイトの給料は、梅雨と消えた・・・。

 「・・・・うまいっ。自分に座布団一枚。」

 頭の中の妄想に、声に出して自分で座布団を与えてしまった。
 なんてたって”露と消える”の”露”と、現在の天気である”梅雨”をかけたのだから。

 病んでいる。
 
 僕が変なテンションに突入していると、周りがざわついている。
 そりゃそうだ、沖大の文経学部生の大半がたむろする文経ホールで、突然「座布団一枚。」などという声が聞こえるのだから、周囲の学生達はカナリ痛い人を見る目で見ている。
 僕はとっさに、テーブルの上に置いていた携帯電話を持ち、電話をしているフリをした。
 よくよく考えてみれば、明らかに不自然だ。
 だが、他の学生にしてみれば、あまり関心の無い出来事だったようだ。
 一人を除いては・・・。
 「なんか面白いことでも思いついたの〜?」
 やっぱり来た。
 奴だ!奴が来る!赤い、赤い血で染まった拳を持つ戦う女が!!
 「いえ、何でも無いですよ?」
 ナイス自分!見事なまでの平常心を保ち、何もなかった様に振舞った。
 完璧。そう、完璧な演技だ。
 「そう、ところでさっき言ってた赤い血の拳って何のこと?」
 「えぁ!?・・・僕が何か言いました?」
 「ふふふ・・・5時限までに遺書を考えてた方が良いかもね。あ、これは私の独り言ね。」
 こ、殺される・・・・逃げよう・・・今すぐ家に逃げ込もう・・・ダメだ、家は知られてる。
 こうなったら、戦うか。
 
 いや無理だ。敵うはずが無い。
 なにせ、北海道の熊牧場で怒り狂った彼女が熊をのしてしまい。出入り禁止になったと先輩から聞いたことがある。しかも、怒り狂った理由が、買ったソフトクリームを落としてしまったからだという、なんともまあ理不尽極まりない理由で熊をボコボコにしてしまったのだ。
 絡まれた熊の方は堪ったもんではない。
 しかし、それはそれで運命だったのだろう。
 
 ・・・・・もしかして自分の人生はこれで終了?
 あ、謝ろう。謝ればあの人も許してくれるだろう。
 
 
 ・・・・でも一応、戦う準備はしておこう・・・・・・。





梅雨入り(その1)です。その1なので、続きます。

梅雨入り(その2)に。


まあ〜なんていうか〜全体的に、




























ノープラン












なのよ。



以上。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
沖大演技サークル【梅雨入りその1】 仮免魂 with Re@LTiMe/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる